洗顔石鹸で磨きをかける40代

40代から始めるエイジングケアと洗顔石鹸の関係について

洗顔石鹸とスキンケアの関係

洗顔石鹸に配合せている主な有効成分や効果について

2017/09/13

手鏡をもって小じわを気にする女性

洗顔石鹸の役割は汚れや余分な皮脂を落とすことですが、それにプラスアルファの効果が得られるとさらに美肌に役立ちます。

どんな成分が配合されたものがあるのか知って、石鹸選びに役立てて下さい。

保湿成分が美肌のカギ

乾燥肌や敏感肌の人には、皮膚の潤いを保ってくれる保湿成分は欠かせないイメージがありますが、脂性肌の人にとっても、同じように保湿成分が大切です。

肌の水分不足は色々な肌トラブルの原因になりますので、洗顔石鹸を選ぶときにも、基本的には保湿成分が配合されているものを選ぶのがおすすめです。
有名なものには、ヒアルロン酸やコラーゲンがありますが、この他にも保湿に効果のある有効成分は色々あります。
中でも良く知られているのが、ホホバオイルやハチミツです。

ホホバオイルは植物由来の天然成分で、高い保湿効果やバリア機能、皮脂コントロールなどに効果を発揮しますので、どんな肌質の人にも向いています。

ハチミツは、保湿力や抗炎症作用が高く、美白効果のあるビタミンC以外にも美肌効果が期待できる成分が多く含まれています。

オリーブオイルや馬油が含まれている洗顔石鹸は、乾燥肌の人に特におすすめです。

いずれも高い保湿力で乾燥を防ぎ、水分不足が原因となる肌のトラブルを改善に役立ちます。

美白効果やアンチエイジングの効果は?

泥が配合された洗顔石鹸は、毛穴の汚れやくすみを除去できる上に、ミネラルの効果で保湿にも優れ、肌の引き締め効果も期待できます。

シミやくすみに効果的な、美白効果のある有効成分には、抹茶や緑茶、フルーツ酸などがあります。
大豆イソフラボンやプラセンタなどは、抗酸化作用や毛穴の引き締め、乾燥肌の改善効果などがあり、アンチエイジングに役立つと言われています。

このように様々な有効成分が含まれている洗顔石鹸ですが、一番大切なことは、自分の肌質にあったものを使うことです。
ぜひお気に入りの一つを探してみて下さいね。

-洗顔石鹸とスキンケアの関係