洗顔石鹸で磨きをかける40代

40代から始めるエイジングケアと洗顔石鹸の関係について

洗顔石鹸とスキンケアの関係

アトピーでお悩みの方は洗顔石鹸を使った方がいい理由とは?

石鹸とフェイスタオル
アトピー肌の人にとって、どんなものを使って体や顔を洗うかは、深刻な問題ではないでしょうか。

洗顔石鹸で洗うのが、アトピーのケアに良いと言われていますが、その理由はどこにあるのか調べてみました。

アトピーの人が石鹸で洗うのは

アトピーの人は体を洗うときに石鹸を使っていることが多いと聞きます。

刺激や化学物質に弱いアトピー肌の人は、普通のボディーソープなどを使うと、症状が悪化してしまう危険性が高いので、無添加石鹸など、色々と試されているかもしれません。

刺激から肌を守るために、出来るだけ石鹸や洗浄料を使わずに、お湯だけで洗うという人もいるようです。

その人の肌質や、アトピーの状態にもよりますので、全ての人に当てはまるわけではありませんが、一般的にはアトピーの肌には、ある程度石鹸を使って洗った方が良いとされています。

その理由はアトピーを悪化させる黄色ブドウ球菌を増やさないためです。

なぜ洗顔石鹸を使った方がいいの?

アトピーの人にとっては、黄色ブドウ球菌の増殖を防ぐことが重要なのですが、シャワー程度の水温ではこの菌を殺すことはできません。

その点、石鹸で洗うのは有効ですが、石鹸の殺菌力は弱いので、毎日洗わなければ、すぐに菌が増えてしまいます。
また、ステロイドなどの塗り薬を使うと、薬が皮膚の表面に残ります。

それを石鹸で洗い流さなければ、そこにまた菌が棲みつき、症状を悪化させる原因になるからというのも理由です。

アトピーの人は完全無添加の、石けん素地だけで作られている純石鹸を使うことが大切です。
ですが毎日石鹸で洗うのは、刺激が強すぎたり肌が乾燥してしまう危険性が大きくなります。

そこで、完全無添加でありながら、天然の保湿成分は残っている、洗顔石鹸を使う方がいいと言われています。

価格はそれだけ高くなりますが、辛い症状が少しでも和らぐように、洗顔石鹸を使ってみてはいかがでしょうか。

-洗顔石鹸とスキンケアの関係